車買取サイト|目的でしたから

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。

この車は新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。でも素人にはこの車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後に先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そこで決めました。


おトクな無料一括査定をやってみる → かんたん車査定ガイド

 

車査定表|しかし

売却した車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。

しかし、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で手放すことになりました。職場の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい相場以下の20万円らしいです。

このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。単純計算では、半年で50万円も資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り業者に無料査定を依頼しました。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取ってもらえました。比較した査定をすることで6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売ることになっていたかもと思えば助かりました。

そのまま持って行ってもらうつもりになっていましたが、査定だけと思われていたようで、車をもっていくような段取りはされていませんでした。ですので、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。


おトクな無料一括査定をやってみる → かんたん車査定ガイド
 

ピックアップ記事

最終更新日 2016/12/06 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2016 車買取・車査定・車値引き情報局 All rights reserved.